〒210-0011
神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1 
株式会社よみうりランド
川崎競馬事業部 
「船橋競馬を愛する100人の会」事務局 
筺044(244)4127
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.30 Friday  | - | - | 

ナイターの実施

ナイターの実施
ナイター競馬についてです。ナイターを実施するには設備費(照明だけでなく停電時のバックアップ施設である自家発電機が必要です。数十億円程度になると思われます)とランニングコスト(電気代や自家発電機のメンテナンス代。年間で1億円程度でしょうか)がまず必要です。
その他、日程調整をどうするかも問題です。南関東四競馬場は船橋、大井、川崎、浦和で順番に開催することになっており、重複開催はできません。ナイターの季節である夏場は、既に大井と川崎が開催を行っていることから、既得権を主張してくることも考えられます。
しかし、設備費については、一部補助が出るという話もありますので、そこさえクリアすれば可能性が見えてくるのではないかというのが現状です。
この件については、とても大きなことですので軽々に判断することはできないのですが、関係団体との意見調整を進め、問題点の整理をしていきたいと思っております。
ナイター競馬については以上の通りですので、これを踏まえた上での意見をお聞かせください。
2008.02.29 Friday 11:40 | comments(33) | trackbacks(0) | 
<< 第0回コア委員会を開催 | main | 「船橋競馬を愛する100人の会」を設立 >>

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday 11:40 | - | - | 
- (2011/12/01 6:11 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
とーたらいざー (2011/07/21 6:27 AM)
ナイター開催を行うよりも、既にナイターをやっている高知や門別との連携を強化してみてはいかがでしょうか。
ネットで競馬中継を観たり馬券の購入がしやすくなたった今では、例えば土曜日の昼間は中央、夜は高知、そんな楽しみ方をする熱心な競馬ファンは相当数いると思われます。同じように船橋本場は昼間開催し、門別をやっているのならそのまま競馬場を開けておき門別を最終まで売れば良いのではないでしょうか。
船橋競馬場は交通の便が良い所ですし車で来場される方も多い。つまりそこそこの時間までお客さんを引っ張っても帰りの足を心配する必要がありませんね。「売ってるならやろうかな」というファンを掴まえられると思います。
ちょっと話が脱線してますが、こういう時代ですから出来る限り全国の競馬場と連携してお互いの売上向上に互助意識を持てればと考えます。
- (2009/06/06 5:42 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
ゆーすけ (2009/05/16 11:28 AM)
ナイターは他がやってるからといって、わざわざやらなくてもいいと思う。なぜか?まず、それをやるだけの魅力がいまの船橋競馬場にない。施設の拡充・近隣企業との提携・情報通知手段の充実、利便性の拡大、競馬場をとりまくすべてを整備してから考えるべき事だと思う。最近ナイターをやれば集客が見込めるみたいな間違った考えが横行していると思う。照明つけて競馬やるだけじゃ昼が夜に変わるだけでなんの面白みもない。船橋競馬は昼間及び薄暮開催などで重点をおくべき、それよりも中山競馬や東京競馬非開催の時はJRAとの調整で土日に開催をもってくるぐらいはしていただきたい。なぜ平日にこだわるのか?お国のやる競馬には口も出せないのか? 共栄共存も結構だが、民間のようにライバル店から客を奪うぐらいの競争も必要だ。お役所同士だから仕方ない部分はあるが、そんな社会主義的手法ではいつまでたっても船橋競馬は繁栄しない。
マサ (2009/05/02 5:43 AM)
ちょっとしつこいようですが、また、新たなナイター開催が高知競馬で決まりましたね。財政的に船橋より厳しいと想像できる高知や北海道がナイターやるのに船橋がなぜできないのか不思議です。
http://www.keiba.or.jp/top/news/diary.cgi?no=370
高知競馬ナイター開催について
 高知競馬場では、インターネット環境が充実・発展し続ける今日、県内のお客様だけではなく、全国の競馬ファンの皆様に“もっと高知競馬に親しんでもらいたい”との熱い思いから、本年度ナイター設備を整備し、実施することといたしました。
 高知競馬のナイターは、温暖な気候という利点をフルに活かし、全国で初めて1年中開催いたします。
そして、思う存分全国のファンの皆様に高知競馬を楽しんでいただき、今後、高知競馬がファンの皆様とともに大きく飛躍・発展できれば、大変嬉しく思います。
 全国の競馬ファンの皆様、7月10日(予定)から始まる高知競馬のナイター開催を、どうかお楽しみにお待ちください。
高知県競馬組合
マサ (2009/02/02 7:05 PM)
ずいぶん簡単にナイター開催できるんですね。船橋でも4月から開催してください。
http://www.keiba.go.jp/topics/2009/0130_2.html
門別競馬場でナイター競馬を実施(5/20〜)
 ホッカイドウ競馬の平成21年度開催日程および重賞日程が30日、北海道軽種馬振興公社から発表され、開催場を札幌競馬場(6日間)と門別競馬場(76日間)とし、4月29日(祝・水)〜11月19日(木)までの全16開催82日間の日程で実施されることになった。
 また、5月20日(水)〜11月19日(木)までの門別開催中は、ナイター(夜間)での開催となる。
マサヒロ (2008/12/03 1:01 AM)
久しぶりに、覗ききましたが、皆様の活動には頭が下がります。ところで、ナイター開催の件の進捗状況は如何でしょうか。トイレの施設改善やパドックめぐりやPR紙の配布も大事なことと思いますが、世間へのアピールという部分ではインパクトは弱いです。ナイター開催は世間へのアピールという点では大変なインパクトがあると思います。来シーズン4月からのナイター開催の実施を切に望みます。
主筆あ (2008/06/07 4:36 AM)
鎌ヶ谷に住む者です。初めて書かせていただきます。

(自然)環境的制約、住民の説得は具体化の際の条件制約であり、ひとまずナイター競馬導入の可否の本質的問題は、結局、維持費用をベイできるかという点から考えるべきだと思います。ボクは工夫次第でできると思います。
まず出の方、維持管理費用ですが、例えば太陽熱発電を蓄電するとか環境に配慮した発電はできないでしょうか。この種の設備は初期投資が極めて高いですが、これを契機にして環境配慮型施設にすれば、国からお金を引っ張ってくるとかできそうな気もするのですが。民間からも徹底的にグリーンとかエコをキーワードにして協賛金を募るとか…。スタンドの色をグリーンにしてゴミもこまめに清掃、ムチを入れる回数も欧州のように制限するとかで環境、動物配慮のイメージをつくっちゃう。ただ、環境に配慮するならナイター競馬自体やるなよとかいわれかねないですが…。

一方、入りの部分ですが、数で考えると確実に増えるはずです。実際に競馬場に来る来ないは別として多くの人が仕事を終わっている時間だからです。どの層をターゲットにするかは難しいところがあります。ただ、お年寄りの憩いの場というご提案がありましたが、近くにラブホテルがあるあり場所が憩いの場になるとは…。ららぽーとあたりに来る年寄りって卑近な例ですが、うちの両親も然り家族づれでないとあのあたりは行かないと思いますよ。
サラリーマンは行かないというご意見もありましたが、私は楽観しています。ただ、大井と違って千葉はベッドタウンなので、千葉の企業に勤務している人というより、東京から帰ってくる人を狙った方がいいと思います。
この場合には、客グループの人数とレース時間を考え直す必要があるかなと直感的には思います。グループ人数ですが、会社の仲間とそのままというのではなく、必然千葉に家がある人が対象となると思われるので、少人数の客を想定したサービスを考える必要があること、そしてレース時間ですが、せめて金曜日だけでもレース時間をさらに遅くするとか…。仕事帰りなので、多くの方は都内の大井に行くより船橋に行くのは時間がかかると思います。一方で千葉に家がある方は遅くまでいても大丈夫ですから…。
それこそ近隣住民との折衝が難しそうですが、
学生をターゲットにするという選択肢もありますが長くなりましたので…。
思いつくままに、ちょっと具体的な話に先走りすぎました。ただ、どういう客層がいるのか、ナイター場外の時にでも一度マーケティング調査をした方がいいんでしょうね。岩手かどこかではこの種の調査してましたが船橋もしているんでしょうか。

個人的にはビアガーデンは是非実現してほしいものです。
みのり (2008/05/04 11:39 AM)
確か船橋競馬の場合、ナイター開催はかなりハードルが高かったような気がします。
1つは近隣住民との協議。特に千葉県競馬組合の場合、構成団体である習志野市の反発が特に大きくなると思われます。かつて競艇舟券発売所建設でかなり地域住民と揉めたようですし、ギャンブルに対するアレルギー的な部分が見受けられると思われるからです。
同じ都市部の地方競馬場でありながらナイター開催が出来ないところの1つとして兵庫県の園田競馬場がありますが、ここも同じ問題を抱えていますね。特に過去2階ほど競馬場で暴動騒ぎがあり警察が介入した場所でもありますしね。
とにかく、ナイター実施に向けては地域住民との協調や共存の道を探るのが第一歩だと思いますね。今はずいぶんイメージも変わりましたけど、やはりギャンブル=反社会的行為と見なされているのは残念であり、遺憾であると思っています。

あともう一つが周辺環境。ご存知の方もいるとは思いますが、船橋競馬場の海側の地域には鳥獣保護区(ラムサール条約加盟)である谷津干潟が隣接しており、その関係でナイター開催が制限されているはずです。競馬場に隣接する船橋オートレース場も幾度となくナイター開催について話が浮かんでは消えてますが、この関係がかなり大きいのではと思われます。

現実的に船橋競馬においてナイター開催がもたらす費用対効果は正直疑問な点があるのは事実なので、とにかく慎重かつ冷静に判断してほしいものです。浦和競馬のような再生の道もある事ですし。
まさ (2008/04/25 9:29 PM)
今年も中途半端な薄暮競馬の開催が決まりましたね。やらないよりやった方がいいと思いますが、やはりナイター競馬の実施の可能性はないのでしょうか。残念です。
アリス (2008/04/15 12:11 PM)
船橋は立地的にも、ナイターをやったからといって大幅な売り上げ増にはならないでしょうね。確かに食堂など売上の少ない場所では大きな売り上げUPになるとは思いますが・・・広い視野で考えれば、警備や照明などのコストで赤字になるだけです。

また、CO2や騎手や厩務員さんの問題などたくさん出てくる問題があります。己の売上UPだけで、やる必要があるのか?疑問に感じます。ナイター競馬をやって人を集めたい以前に、取り組まなければならない問題は多数ありますよ。それを改善していくのが先ではないでしょうか。

結論からいえば薄暮まではOKですが、ナイターは禁止です
のんのん (2008/04/15 1:25 AM)
ナイターはやるべきです。なぜならば、仕事が終わった後に安心して買う事が出来るからです。早く実現をしてもらいたいです。私が住んでいる盛岡では、大通りに馬券場が出来ましたが、仕事が終わってから時間に余裕を持ってナイター馬券が買えます。仕事が終わった人がナイターを買っている人は結構いて、需要はありますよ。ナイターをやる事で今、どうしようもない岩手競馬に対しても利益がもたらされます。岩手競馬は災害などの基金を税金で投入して、県民から総クランされました。利用者視点に立っていないし、どうしようもない。
船橋競馬はナイターをやると収益は上がります。幕張で仕事を終えた人が船橋に行って買いたいと思う人は結構いるのではないですか。仕事終わりの人にも買うチャンスを与えてください。
 実現する為には、ファンドを設立してお金を募り運用して、そこから建設する。寄付を募る。いろいろ出来るのではないですか。実現してください。私も微力ではありますが、協力したいと思っているんです。全ての人に買う機会を。そうすれば周辺の食堂、競馬場の食堂も利益を得ると思います。どんどんナイターで開催をして馬券を売って利益を得てください。切実な思いです。よろしくお願いします。
まあ (2008/03/28 11:19 PM)
最寄りは中山、次いで船橋のサラリーマン
属性を表明した上で再度、ナイター無用を唱えます

ナイター開催をすることによりどうして集客が望めるのでしょうか?
その客とは誰ですか?
それは個人的都合の話ではないでしょうか?

おそらく、会社を定年退職されてあるいは、それに近い年代の方々は、おそらくこのような場に出てこられることは少ないでしょう

若い頃から馴染みのある競馬場
それが、復刻されれば、彼らにまた懐かしい楽しみ・喜びをもたらすことができるのではないでしょうか?

若い人や女性は、大井・川崎の取り合い
そこに参戦しても勝ち目はおそらくないでしょう

さらに、地元住民・店舗経営者の方々への協力要請と納得
ランニングコストと何よりも環境への負荷

どれだけ考えてもナイターにはネガティブな要素が多いことは想像に難くありません
kt (2008/03/24 11:55 AM)
私もナイター慎重派です…
照明以外にもお金がかかるところって結構あるんじゃないかと思います。

ナイターは大井と川崎にしばらくはお任せして、逆に船橋・浦和については祝日が絡む週に優先的に開催できるように調整できれば、
費用をかけずに、若干ですが集客に期待が持てると思うのですけれど…
ゆーすけ (2008/03/19 10:04 PM)
ナイターはやらなくてもいいと思う。上記でもふれていたが、それをやるだけの魅力がいまの船橋競馬場にないと思う。施設の拡充・近隣企業との提携・情報通知手段の充実、利便性の拡大、競馬場をとりまくすべてを整備してから考えるべき事だと思う。最近ナイターをやれば集客が見込めるみたいな間違った考えが横行していると思う。照明つけて競馬やるだけじゃ昼が夜に変わるだけでなんの面白味も新鮮味もない。CO2削減でプロ野球でさえ試合時間を短くして照明によるCO2排出を減少させようとしているのに時代に逆行している。
船橋競馬は昼間開催で重点をおくべき、
中山競馬非開催時は、JRAとの調整で土日に開催をもってくるぐらいはしていただきたい。
智 (2008/03/18 8:59 AM)
船橋競馬が仮にナイターをおこなった場合、設備投資費の回収は何年後に可能なのか?ランニングコストによって利益幅にどれくらいの影響を及ぼすのか文章では把握できません。又、船橋競馬の現状での利益、通常開催継続の損益、ナイター開催における見込み利益等を明確にしてからアンケートの形をとるのが普通かと思います。数字も曖昧なアンケートなら勝手気ままなアンケートに終わるような気がします。正直、自分はナイターはもっと後の話のような気がします。もっと足元を固めてからだと思います。地方競馬には地方競馬ならではの良さがあります。例えば予想屋公認制度など。大井の予想屋ゲートインの吉富氏にはかなりのファンがついています。グリーンチャンネル出演及び去年の有馬記念のレーシングプログラムにも予想コラムを設けらている方がいるのですから、まずは彼の人気の力を借りるべきかと思います。予想台にレースモニターを設置して彼らに解説をしてもらえば競馬の面白さなどを独自の口上で伝えて貰えるはずです。彼らもプロ、お客さんを逃がさないように彼らなりの工夫も加わり一定の効果が見込めるような気がしますが。ナイターなどの莫大な費用をかける事より小さな事からやって行くほうが今の船橋らしいと思うのですが。
マスターウマナリ (2008/03/17 3:21 PM)
自分は基本的に薄暮開催は土日や祭日にしか意味がないと考えます。理由はターゲットが曖昧だから。今の時差出勤の流れからすると参加者はそんなに増えない気がします。逆に祝祭日の薄暮とかありがたいですね(年末大井や年始の川崎)。

川崎や大井と立地が違うと反対される方はおそらくそちらのほうが交通の便がよく、ナイターを楽しめて満足されているからでしょう、ただその逆の人もいるということをお忘れなく。客観的に丸の内からなら川崎や船橋は距離感は変わりませんし、東京東部の住民は大井と船橋では帰宅時にかかる時間が変わりません。

実際に大井・川崎の場外売上もそれなりにあるはず。ナイターの集客については、マリーンズやジェフからも意見もらったらいいんじゃないですかね。もちろん京成グループ?のオリエンタルランドからも。
マサヒロ (2008/03/15 7:10 PM)
ナイター競馬開催の反対意見の人が多く意外な感じです。反対の皆さんは危機感が足りなくありませんか。これだけ公営競馬ば無くなっているのに。船橋競馬がなくなれば、調教師さんをはじめとした関係者は職を失います。なにより身近な競馬が無くなるのはファンとしてつらいです。といいながら祝日以外はほとんど行ったことがありませんが。ほとんど投票はiモードオンリーです。ナイターなら会社帰りにいけます。千葉マリンに行く回数を減らし一開催一回は必ず行きます(笑)。船橋競馬を守るため、ぜひ、ナイター競馬開催をお願いします。
ロッキーウナギイヌ (2008/03/15 1:30 AM)
ナイター開催をする前にやるべきことがあるのではないでしょうか?
億単位で設備投資ができるのであれば、トイレを全面改修をしたり、人工芝生席を天然芝にするべきでしょう。それと2階や4階の使われていない無駄なスペースに新たな施設を作ってみては?個人的には船橋競馬の過去の重賞が見られるようなものとか(大井競馬場やプラザエクウス渋谷にあるアレです)中山競馬場にあるようなパソコンでデータ検索等のできる施設が欲しいですね。
あとは駐車場、立地上、仕方ないのかも知れませんがあの出入り口は何とかならないものでしょうか?出るのに2、30分もかかってしまっては、来る気もなくなってしまいます。あと一カ所出入り口を増やすなり、新たな駐車スペースを設けるなりするべきでしょう。
パピー (2008/03/13 11:44 PM)
個人的には是非ナイター競馬やって欲しいです。


近くに居ながら平日の船橋開催でも昼間は仕事なので行けないのが現状です。
ナイターなら是非行きます。

諸問題はありますが、ナイター開催、宜しくお願いします。


ポーロ (2008/03/13 12:45 AM)
ナイター競馬反対ではないですが
競馬場付近はララポートなどがある割には
夕方以降は夏でもかなり暗い(怖い)という雰囲気があるのでそれを改善できればいいのではないでしょうか。

帰りのみ近いですが無料送バスがあれば女性には
安心できますね。
様似大樹 (2008/03/12 3:41 AM)
私は無理にナイターはしなくていいと思います。
騎手や厩務員など関係者の疲労もありますが、
元々、交通事情が良いとは言えない立地ですし。
下手したら、ディズニー混雑にも巻き込まれそうですし。

なら、薄暮で良いんじゃないかな、と思います。
もしくは薄暮よりもう少し遅くして「プチナイター」みたいにするとか。
最終レースを19時半くらいにして。
どこかの公営競技(平塚競輪?)でやってましたね。
これはいいアイデアだと思ってました。
これならディズニー渋滞もナイターに比べれば多少マシですし。
電気代も普通のナイターよりも軽減されると思いますよ。
凄い谷津 (2008/03/11 5:58 AM)
谷津干潟の生体系が変わる恐れがあるから
夜間のライトアップは自粛するよう言われていなかった?
サブレー (2008/03/10 12:26 PM)
ナイターをするなら遅くても午後8時くらいに終了がいいのではないかと思います。
大井川崎と根本的に立地が違うことをお忘れなく。
駅が近く交通が便利と言われているようですが、実際にはそうでもないのでは?南船橋駅や京成の駅って電車の本数があまりない気がします。
とくに武蔵野線は悲惨きわまりない。
大井のようにオフィス街が近く無料バスがあるわけでもないですし、あまり遅くまで開催しても翌日会社があることを考えると・・・よっぱど競馬好きでないと仕事帰りに遅くまで競馬なんてしないと思います。そのよっぽど競馬好きを増やす為にはもっと競馬場の楽しさをアピールするのが先決。
競馬場に競馬初心者の友だちを連れて行っても、JRAや大井と違ってゼッケンに名前もない、勝った馬もそうでない馬もさっさと退散。
初心者などが馬の名前を呼んで応援しづらいんです。(友人は3番!とか5番!と言っていましたが味気なくて・・・)パドックとレースを見ての単調さには『楽しい!』というイベント性も少ないです。
これでは会社帰りにわざわざ行くかな?という気が・・・。
船橋競馬に関する情報量が少ないことがお客の確保に失敗している大きな点だと思います。
いきなりナイターではなく、ナイター開催してどのくらい効果があるのかきちんと考えるのが大切な気がします。
下手したら電気代でマイナスになりそう・・・
ロッシ (2008/03/08 12:05 AM)
ナイターはやってほしいですが、行わなくていいと思います。

理由は厩務員さんや騎手などの過酷労働になってしまうから。

ファンあっての競馬ではありますが、それよりも先にそれを支える馬・厩舎関係者・騎手の方が過酷な労働条件になるほうが長い目で見ると不安です。

大井と川崎でナイターをやってるので、船橋浦和まで無理することはない!薄暮でいいです。

仮に実施する方向になったとしても、前述ででているように調教時間を遅らせるなど過酷な労働条件が解決されてからだと思います。無理な労働で、万全でない競馬が続いていけば・・・基礎が崩れてしまいます。基礎が崩れたらなんにもなりません。


ナイターと安易に私たちは言ってしまいますが、基礎である厩務員・馬・騎手あってこそです!それが解決するまではNO。
ケンちゃん (2008/03/07 4:46 AM)
買う側にとっては、主な購入層が会社員な訳ですから、
初期投資、維持費を考慮してでも、行うべきだと思います。
立地に関しては、近隣に住宅地などもありますが、
大型ショッピングモールもありますし、
昼間開催で多数の苦情がない(と思われる)実態を踏まえたら、
ナイターをすることによって、逆に近隣住宅地の方も観客に取り込めるのではないでしょうか?

しかし、乗り役、厩務員からすると、
浦和以外はナイター開催になってしまうわけで、
非常に過酷な労働条件になってしまうんですよね…

もし、一番遠い川崎からの遠征馬が最終レースで一着になり、
検体がなかなか採れなかった場合。
小向に到着して、すべてのチェックを終えたら、
厩務員はメシ喰う前に、ほかの馬の調教の時間になってしまうのでは?

解決策としては(賛成できない方も多数でしょうが)
ナイター競馬をする競馬場の調教開始時間を遅くする。
(夜が明けてからにする)
ということがよろしいのでは。。。
私には、それ以上の解決策は出ません。申し訳ないです。。。
マスターウマナリ (2008/03/07 1:07 AM)
船橋ナイターの恩恵はライブ観戦だけではなく場外やネット売上のアップだとは思いますが、ライブ観戦時の問題点として送迎バスが南関4場で唯一無い点があげられます。

船橋駅や津田沼駅からの送迎バスは必要かも、南船橋も若干遠いですね。

ナイター開催は、飲み会代わりに利用される事もありそうなので、飲食店の充実は必要。

どなたかも言われてましたが、屋台村やビアガーデンは欲しいです。
まあ (2008/03/06 9:13 PM)
ナイターは、無用です
京浜地区(東海道線沿線)にある大井・川崎と違い、会社帰りのサラリーマン、OLを取り込める可能性は低いでしょう(特にOLなら舞浜で降りてしまいます)

むしろ、定年を過ぎた皆さんのための、また、ショッピング帰りのご婦人のための憩いの場として位置づけ、『太陽の下・緑の上で楽しめる空間』をプロデュースした方が、大きなパイを掴めると思います
マサヒロ (2008/03/05 11:50 PM)
以前にも意見しましたけど、ナイター開催の実施しか、船橋を救う道はありません。それと大井川崎が既得権うんぬんとありますが、両場と連携しなければ明日はありません。船橋が多少譲歩してもいいのでは。それよりも南関東として毎週水曜日は4月から11月までは必ずナイター重賞やるのが大事だと思います。ほんと習慣性は大事だとおもいます。もう一場の浦和は月に一回木曜金曜日曜月曜開催でいいとおもいます。ハッピーマンデーをあげれば文句はないでしょう。こうすれば船橋南関東は復活する。ついでに毎週水曜日20時から一時間、テレビ東京で中継すれば完璧です。
HYUNDAI (2008/03/05 9:54 PM)
船橋ナイターは魅力を感じない。

理由としては、立地の差が1つで会社員やOLが夜行くには・・・2つめにはナイターをやるだけの魅力ある施設つくりができていない。

まずは、昼間開催でイベントのレパートリーを増やす・初心者を取り組む努力の基礎を作り上げる。それが実施でき基礎ができあがった段階で、考えたほうがいいと思う。今の段階で、あれもこれもというのは賛成できない。

また、大井&川崎でナイターを行っているだけでも厩舎やトップジョッキーは結構体の負担が大きいはずです。彼らの体調も考えて、船橋浦和ではナイターは控えたほうがいいかもしれない。
アディ (2008/03/04 11:07 PM)
平日開催しか出来ない現状を考えるとナイター開催はサラリーマンにとってうれしいのではないでしょうか。
ナイター設備による経費の問題は大きいと思いますが、真夏の暑い平日昼間に競馬場へ人を集める方法は他にあるでしょうか?
馬も炎天下で走るよりは夜の方がマシだと思います。
マスターウマナリ (2008/03/04 6:48 PM)
ナイター開催は大賛成です。幕張からも近い船橋競馬は立地もよいですし、何より中山競馬場に近い。

無理かも知れませんが、府中と川崎、中山と船橋でうまく顧客の取り込みが出来ないかと思います。

具体的には中山開催日の日曜日と金曜日は船橋ナイター、同様に府中開催日の日曜日と金曜日は川崎ナイターというように。逆もありでしょうか。その場合は中央場外の帰りはナイターでライブ観戦をアピールという具合に、平日は道営との連携なら一石二鳥だと思います。

ナイター開催出来るならマイクロバスとかもあると嬉しいです。
旅芸人 (2008/03/04 1:30 PM)
確実に売上アップにつながって望んでるお客さんも
多いならやっていいとおもうけど私は今の薄暮開催
の方が好きです。てかナイターばっかりじゃ平日休み
の日の楽しみがなくなる。ナイターと薄暮が半々の
いまの状態が私個人としてはいい。