〒210-0011
神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1 
株式会社よみうりランド
川崎競馬事業部 
「船橋競馬を愛する100人の会」事務局 
筺044(244)4127
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.30 Friday  | - | - | 

広報誌の発行

広報誌の発行
情報発信の一環として広報誌(フリーペーパー)の定期的発行を予定しています。「女性視点から見た競馬」をテーマにしたいと企画中ですが、ご意見、ご要望等をお願いいたします。また、協力していただける方(取材、投稿、それから広告掲載など金額的な支援も)を募集する予定です。我こそは、という方はご連絡ください。
※ご意見等につきましては、コメント・トラックバックでお送りください。いただきましたご意見は、事務局で集約し適切なタイミングで、主催者をはじめ関係各所に提案いたします。ただし、内容等により、いただいたすべてのご意見を提案できないこともありますことを、あらかじめご了承いただければ幸いです。
※「船橋競馬を愛する100人の会」では、真摯なご意見を求めております。誹謗中傷や公序良俗に反する記述、あるいは本会が不適切と判断した記述がある場合は、コメントを削除もしくはトラックバックを拒否することもあります。
2008.02.22 Friday 20:24 | comments(13) | trackbacks(0) | 
<< ホームページの改良 | main | 顧客に対するサービス >>

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday 20:24 | - | - | 
☆ららぽ☆ (2010/06/01 3:33 PM)
毎号SYUN-MEが楽しみです。
ただ全員が毎号欠かさずもらえるわけではないし
続きだと話が古く感じるので
前編と後編にするのは良くない気がします。
毎月出るわけでなく、年に数回だけの配布なのでできるなら1回1回別々の馬や騎手を紹介してほしいです。
短い記事でも若手騎手などできるだけたくさん扱ってください。
とーたらいざー (2010/03/01 10:39 AM)
SYUN−ME、ページ数はほどほどながら内容は楽しく、読み終わると次の発行が楽しみだったりします。

配布場所がかなり限られており、発行部数の兼ね合いもあるのでしょうが正直「広報」の「広く報せる」という役割は果たし切れていないように思えます。

内容的に競馬にまるで関係無い施設にラックを設置して置いてくれとは言いづらいでしょうが、それでも、例えば競馬関係者がよく行く飲食店などが船橋市内には多数あるでしょうから、そこでの配布を依頼してみてはいかがでしょうか。
テツノカイセイ (2009/03/22 2:14 PM)
コアな競馬ファンの31歳男です。
競馬を知らない女性にアピールするなら、
そういう場所で配布なり、設置するべきですね。
例えば船橋近辺のエステや、ジムや、女性が好む飲食店など。
駅前での配布や設置などもいいと思います。
 新規ファンを開拓したのならば、競馬を知らない人でも興味を引かれるないようにするべきだと思います。
ホクトべかこ (2009/01/19 12:47 PM)
遠くに住んでいるため「駿馬」が入手できません。
2号のダウンロードをしたいのですが・・・
みく (2008/09/21 12:49 PM)
昨日、千葉マリンスタジアムへ出かけたところ、たまたま「船橋ケイバ・スペシャルナイター」と称したマッチデーでした。

試合開始前に川島師と桑島騎手をはじめとする船橋の騎手の皆さんが登場し、ロッテ×楽天両監督に記念品を手渡し、川島騎手が始球式を行う、というセレモニーがありましたが、あとはイニング間にたまに23日の日本テレビ盃のCMが流れるという・・・それだけでした。

来場してくださった騎手や川島師には申し訳ないですが、せっかくのアピール機会に、入場客にチラシ一枚の配布もなしと、「船橋ケイバマッチデーって何のメリットがあるの??」という観客にとっては少々寂しいものでした。

たいてい、企業のマッチデーには抽選でのプレゼント企画がつきものなので、入場時に配布された全く船橋ケイバとは関係のない服飾店舗のチラシの裏に何も抽選番号がプリントされていないのを見て、肩透かしをくらったようなお客さんも多かったようです。

そこでふと思ったのですが、23日に発行予定の広報誌であるなら、少し早めてこの機会に配布する、ということは不可能だったのでしょうか。入場者全員、2万部とはいわずとも、女性のみとか、先着5000名のみでも、このような機会に配布できたら良いのに。新規のお客さんに印象付けるならば、こういった機会の利用も大事だと思いますが。

公営という立場上、可能、不可能もあると思いますが、せっかくの絶好のタイミングでのマッチデー、非常にもったいないと感じました。
グリッド1 (2008/05/29 12:10 PM)
SYUN-ME早速拝見させて頂きました。
率直な感想を申しますと、せっかく〜女性がつくる 船橋競馬場をめぐる “馬と人の物語”というテーマがあるにも関わらず、男性が作っているものと余り区別化が出来ていないように思います。

事実上、掲載記事が3頁分しかないのですから、もっと女性ならではの視点とか、SYUN-MEでしか聞けない様な独自性を持った方がいいと思います。
(例えば、あのスターホースは実はこんな愉快な癖を持っていた、とか)
競馬の世界で働く女性たちに関してはいいと思います。女性ならではの視点で、突っ込んだ内容(競馬の世界の人々が身近に感じるような記事)があれば、もっとよいと思います。
SYUN-MEが、船橋競馬の発展に貢献出来るよう頑張って下さい。応援してます。
白毛 (2008/05/09 12:55 PM)
駿馬を船橋でもらいました。次回の入場券が付いていてお得でした。前の日のG-CHでも紹介していたのでビックリ!荘司さんの関連?
れでぃけっと (2008/03/13 1:31 PM)
広報誌の発行は決定しているようですが、はっきりいって現段階で作っても企画倒れに終わる気がしてなりません。
女性向けにアピールするのならL25に特集を組んでもらったほうがずっといいのではないかと思います。
昨年の帝王賞時期にR25で大井競馬の特集がありました。R25は今年最初の発行でJRAの特集もしていますが、L25では競馬の特集記事が組まれていないはずです。
もう無理かも知れませんが、かしわ記念は交流重賞ですから絶好のアピールチャンスなのに・・・。
JRAのブルーコンコルドが出走予定と聞いています。
騎乗する幸英明騎手はイケメンで女性ファンも多いですから、JRA騎手目当てですけどまずは知って貰い、足を運んで貰うのが大事ではないでしょうか。

広報誌を発行するのならまずは船橋競馬についてと「船橋競馬を愛する100人の会」て何をするのかのPRが先なのでは?
いきなり「女性視点から見た競馬」をテーマにしても見向きもされないかと。
ポーロ (2008/03/12 11:09 PM)
広報誌を発行するのは決定のようなので・・
まずは広報誌が『駿馬』というタイトルはいかがなものでしょうか?
女性向けでこのタイトル・・・
もっとやわらかく優しいタイトルせめて『ひらがな』とかはいかがでしょう?
船橋競馬はレース名にも使用されてますし
駿と言う言葉がお好きなようですね。
コアな競馬ファンにはいいタイトルかもしれませんが・・
広報誌は競馬場内だけの配布でしょうか?
ララポートなどに設置や女性限定で手渡しも
必要だと思います。

内容もそうですが広報誌の
デザインも重要だと思います。

後は興味をひいてもらえる記事ですね。
競馬を知らない女性も対象にするのであれば
女性が向けはやはりおいしい食べ物や
ダイエットなどが競馬と結びつけるような感じでしょうか。

また案が浮かんだら投稿させていただきます。


様似大樹 (2008/03/12 3:47 AM)
フリーペーパーみたいに広告収入が望め、かつそれが広告媒体として成り立つのなら賛成しますけど、
私は成立しないと思います。

どうしても紙媒体で!というのでしたら、
広報誌を発行するより安価な「フリーペーパーで特集を組んでもらう」ほうがいいかと。
L25とかホットペッパーとか。
そこからホームページで、というのもいけますし。

パソコンに疎いおいちゃんなら広報誌も少しは考えられますが、
ターゲットが女性なら、パソコンでホームページくらい見れると思います。
ロッシ (2008/03/09 10:56 PM)
「女性視点から見た競馬」をテーマにした広報誌を出版する必要があるのですか?1つの競馬場において、広報誌を出版しても読者は限られてしまいます。

それであれば、不特定多数の読者に目に入る360などのフリーペーパーの特集ページとして、まずは企画したらどうですか?フリーペーパーの種類も多数あるので、ターゲット層を絞り、それに見合った内容特集を組めばいいと思います。

不用意に、自分たちですべてを作成して広報誌を作る必要性は感じられません。地域の広報誌でもなんでもいいですよ、最初から全てを求めるのではなく、1ページの特集ページという部分からノウハウを積み上げてください。広報誌を発行して中途半端な定期発行などは一番やってはいけないことですよ。広報誌を作るなら開催毎に発行して、それなりの広告収入を見込めという計画性を持ってほしい。そうでないなら、他雑誌の特集ページからノウハウを積みげるべき。

厳しいことを言いますが、安易に広報誌を定期的にという意見自体が甘いです。
マスターウマナリ (2008/03/05 4:40 PM)
広報誌はコアなファン向けには作成しないほうがよいと考えます。あくまでも新規顧客の開拓のため。

そもそも平日に競馬をやっていることすら知らない人いますからね。

HPはそもそも目的がある人しか見ませんから、広報誌で裾野を広げHPに誘導するような感じですかね(ホトペッパー式)。その際にたとえば厩舎見学ツアーの体験記を載せたり、競馬ファンの地元飲食店経営者を紹介したりするのがよいかも。

パソコン講座と競馬講座を一緒にやるのはどうでしょうかね。その模様を掲載したり。

熟年向けの広報活動も必要かも…
ぽち (2008/02/29 9:45 PM)
広報誌は必要ないと思います。フリーペーパーを発行する予算があるなら、HP作成やイベントに回してください。

winnersという紙面も全く見ないですから・・・