〒210-0011
神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1 
株式会社よみうりランド
川崎競馬事業部 
「船橋競馬を愛する100人の会」事務局 
筺044(244)4127
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.30 Friday  | - | - | 

競馬ミュージアムの内容の更新

競馬ミュージアムの内容の更新
「競馬ミュージアム」を一昨年場内に設置しましたが、どのくらいの方がご存知なのでしょう。また、何人の方にご覧頂いたのでしょう。残念ながら、更新作業も遅れ気味のため、一度見た方が次回行っても内容に変化が無いなどの苦情もあります。100人の会では、展示内容や切り口について忌憚の無いご意見を伺いたいと存じます。
※ご意見等につきましては、コメント・トラックバックでお送りください。いただきましたご意見は、事務局で集約し適切なタイミングで、主催者をはじめ関係各所に提案いたします。ただし、内容等により、いただいたすべてのご意見を提案できないこともありますことを、あらかじめご了承いただければ幸いです。
※「船橋競馬を愛する100人の会」では、真摯なご意見を求めております。誹謗中傷や公序良俗に反する記述、あるいは本会が不適切と判断した記述がある場合は、コメントを削除もしくはトラックバックを拒否することもあります。
2008.02.19 Tuesday 20:23 | comments(6) | trackbacks(0) | 
<< 競走馬、ジョッキー、トレーナーのアピール方法 | main | レースの多様化 >>

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday 20:23 | - | - | 
ひろやすわっきー (2008/10/11 10:24 AM)
さすがに「3年前のハロンDVD垂れ流し」はきついだろうと思います。なんかとりあえず手元にある材料でどうでしょう的なものを感じます。せめて垂れ流すのなら「今年(去年)の船橋全重賞」くらいはして頂きたいと思います。
後は警備の方に「展示品の知識」くらいつけていただければと思います。(さすがに学芸員とまでいかないまでも)
さんきゅう (2008/04/05 3:02 PM)
ネイティヴハートやエミーズスマイル、
最近でも船橋競馬から全国に名をはせた馬が引退しています。
彼、彼女たちの功績や調教師さんや厩務員さんの
簡単でも身近なコメントを写真とともに展示するなどいかがでしょう。

せっかく流れているビデオもその時々の重賞のダイジェストなど流したり・・・

また、ボランティアのお話にもあるように
ファンの方から提供された写真を展示したり
その写真に騎手がサインしてプレゼントなども
いいかな、と思います。

馬券下手の競馬狂 (2008/03/18 12:03 AM)
せっかくのミュージアムだから有効利用するには、やはりレースや競走馬にちなんだ月ごとの特集企画を考えるのがよいのではないでしょうか。

たとえば、かしわ記念やダイオライト記念を実施する直前の一ヶ月間は該当レースの特集を組むとか、産経賞オールカマーに参戦した船橋(南関東)所属馬の特集を9月に組むとか

「JRAと同じことやってるよ」という突っ込みは無しで、船橋ケイバの歴史を知ってもらうもらうにはいいかなと。
ポーロ (2008/03/12 10:32 PM)
ミュージアム内の更新も競馬場のスタッフの皆さんもご多忙だとは思いますが
前開催の模様や各日のメインレースのゴール前写真など掲載などはいかがでしょうか?
ただそれだけでは訪れる方も少ないと思われるので
各開催毎にゴール前写真プレゼントとかの応募BOXをミュージアム内に設置すととかはいかがでしょう?
ミュージアム内更新が毎回難しいようでしたら
折角こういう100人の会発足したのでミュージアム
ボランティアや写真を募ってはいかがでしょうか?
いずれにしてもミュージアムに足を運びたいと思えるものにするという事ですね。

ロッシ (2008/03/08 12:10 AM)
正直、みたことありません。川崎の佐々木さんのブースも1回しかみたことありません。申し訳ないのですが、その程度の興味と内容でしかない。

これは、個人的な意見なのですが、各競馬場に設置するのではなく、南関東4競馬場として南関の歴史であったり記念グッズを集めるブースが1つの競馬場にあれば十分です。思い浮かぶのはLウイング1階の売店のとこを拡張して、その横にミュージアムというイメージです。

南関東として連携協力してほしい・・・
やっさん (2008/03/06 1:17 PM)
はじめまして。

やっさんというハンドルネームにしておきます。

船橋競馬には、12年くらい前に、南関東の競馬場めぐりをしていた時に、数か月通った時以外は本場にはいかず、最寄の場外発売と電話投票をしていました。現在、関東から地方に戻ったので、SPAT4に頼っています。nankankeiba.comのレース中継はとても
助かっています。
競馬ミュージアムの大部分の印刷物の内容をwebで掲載されてみてはどうでしょうか。
船橋競馬や南関東競馬について関心のある方には興味深い内容であると思います。
 鞭、鞍などは展示物の展示の様子の写真掲載で良いですし、現物の写真として、よくおさまっている写真の掲載のいずれでもよろしいかと思います。