〒210-0011
神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1 
株式会社よみうりランド
川崎競馬事業部 
「船橋競馬を愛する100人の会」事務局 
筺044(244)4127
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.30 Friday  | - | - | 

ホームページの改良

ホームページの改良
船橋競馬にもホームページはありますが、内容はイマイチです。大井競馬のようには費用面からいって難しいとは思いますが、ジョッキーインタビューなどさほど経費のかからないことは真似ればよいし、有力馬の近況など船橋でしかできないことは独自でやる方向で意見をまとめていきたいと思います。
※ご意見等につきましては、コメント・トラックバックでお送りください。いただきましたご意見は、事務局で集約し適切なタイミングで、主催者をはじめ関係各所に提案いたします。ただし、内容等により、いただいたすべてのご意見を提案できないこともありますことを、あらかじめご了承いただければ幸いです。
※「船橋競馬を愛する100人の会」では、真摯なご意見を求めております。誹謗中傷や公序良俗に反する記述、あるいは本会が不適切と判断した記述がある場合は、コメントを削除もしくはトラックバックを拒否することもあります。
2008.02.22 Friday 20:21 | comments(17) | trackbacks(0) | 
<< 「船橋競馬を愛する100人の会(仮称)」設立! | main | 広報誌の発行 >>

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday 20:21 | - | - | 
とーたらいざー (2010/01/14 12:01 AM)
そろそろサイト上でもJBC開催に向けた企画というかコンテンツを考えてみてはいかがでしょうか?「まだあと10ヶ月ある」のか「もう10ヶ月しかない」のか…主催者の意気込みが伝わってきません。例年のかしわ記念を上回る人が集まるはずです。いや、集めなくてはいけないはずです。
キャラバン (2009/06/27 12:59 PM)
私もNov.さん、ゆーすけさんと同意見です。
どうもFuna1はうわべだけっぽくていただけない。
(荘司さんは別)
船橋の馬の名前や騎手もろくに知らなそうな人たちが
「楽しいです」「盛り上がりましょう」と言っても
嘘っぽく、シラけるだけ。
ああいうことに無駄な広告費を払うのならもっと別のアピール方法があると思うのですが。
”にわか”がファンには一番嫌われ、その典型なのではないでしょうか。
どれくらい愛着を持ってレポートしているかは見る側からはすぐにわかりますからね。
ゆーすけ (2009/06/13 10:21 PM)
私も下の方の意見に賛成ですね。
船橋競馬のみならず、地方競馬をしっかりアピールできない方は必要ありませんね。地方競馬に情熱をもってレポートしてくれている方は沢山いらっしゃいますからね、たとえその方が「知る人ぞ知る」方だったとしても熱意をもってレポートしてくれている方のほうが全然良いと思います。
Nov. (2009/06/06 2:40 PM)
このスレッドに書いていいのか迷いましたが、今年度から始まった「Funa1」についてです。

まず疑問なのが、あの人選はどうやって決まったのでしょうか?そして何故6人でなくてはならないのでしょうか?

南関競馬に精通している荘司さんは適任かと思われますが、中央競馬の色が濃いアベコーさん、岡部さん、須田さんは「なぜ?」と思いますし、そして光永さんと長谷川さんは岡部さんの事務所の後輩との事で、勘繰りたくもなってしまいます。「居酒屋ふないち」の各人の人物設定も今ひとつピンと来ませんし、実際ブログやイベントなどでこの設定が全く意味を成してないのが現状。

案の定といいますか、Funa1ブログを見ても荘司さんと他の5人の温度差があまりにもあり過ぎて、いっそのこと「荘司典子のFuna1レポート」に改題した方がいいのではないかとすら思います。(投稿数を見ても一目瞭然です)

荘司さんは頻繁にブログを更新し、「ナビゲーター」として十分な働きを見せています。光永さんと長谷川さんの初心者としての立ち位置も理解できるのですが、アベコーさん、岡部さん、須田さんの立ち位置がどうも判然としませんし、ブログの更新もごく稀。(岡部さんや須田さんは個人ブログをお持ちなのですから、そちらに「Funa1」のブログステッカーを貼るくらいの事はしてもいいのでは?)せっかく「ナビゲーター」として選ばれたのですから、もっとファン為に船橋競馬の魅力を存分に伝えていただきたいものです。
旅芸人 (2009/03/12 9:33 PM)
この前友人と船橋に行ってきました。開催日で
天気も良かったのでなかなか楽しめました。
でも駿馬はどこにあったのだろう?
ホワッツダートとうまレターしかわからなかった。

あと、グルメガイドの看板、あれそそりますね。
川崎みたいにぜひHPでもグルメガイドを載せたら
どうでしょう。100円の赤白モツと牛スジ、私は
大満足でしたよ。
グリッド1 (2008/11/24 11:51 AM)
確かに貧弱で地味なHPという点は否めないでしょう。南関東のHPがある以上、船橋競馬のHPにアクセスするメリット、このHPでしか調べられないことなどがないと、今後もアクセスが増える事はないと思います。TCKほど凝ったHPにしなくても、まずは興味を引くレイアウト、掲載内容など、手を入れる部分は多々あると思います。
アリス (2008/04/15 12:13 PM)
リアルタイムな情報、見る側が必要とする情報が薄い・・・この2点です。


大井競馬は公式HPで、また川崎競馬は川崎競馬倶楽部において、落馬したあとの騎手の状況などを伝えるようになりました。

船橋競馬でもせっかくこういう会ができたのであれば、自分たちでHPやブログを立ち上げるなどしてそういう情報を立ち上げてください。
南関魂のようなものとは別ですよ。情報や状況をリアルタイムに伝えるのが目的です。
ポーロ (2008/03/13 12:56 AM)
やはり注目の馬の情報はほしいですね。
騎手や調教師のコメントがあれば掲載してほしいです。

毎回とはいいませんが
ホムペ内に無料入場券つけたり
(印刷して持参したら1回無料など)

また見たくなるホムペがいいと思います。
様似大樹 (2008/03/12 3:57 AM)
皆様と同様に、私も現在の船橋競馬のホームページには不満だらけです。
ほぼ内容も同じなのですが、私がふと疑問に思ったのが、
「funabashi-keiba.net」のプロバイダのリンクが消されてる(見つからない)ことです。

私は、プロバイダが「funabashi-keiba.net」です。メアドもそれになってます。
選んだ理由は「他にそんなのやってない。面白そう」で、niftyから乗り換えました。
多分、そう思うのは自分だけで無いと思います。ご存知の方も多くは無いと思います。
プレゼントのマウスパッドも当時使ってましたし、不便も感じてません。
それを前面に推す、と言うわけではなく「実はこんなのもやってます」みたいにアピールするのもいいかなと。

ちょっとずれているかもしれませんが、こういうアピールも無くは無いかな、と思ったので。
モップ (2008/03/11 1:24 PM)
JRAの模倣や比較をする必要はありません。

相違点が地方や南関東の特徴でもあります。まずは、大井に追いつけという意気込みで必要情報だけを掲載してください。
Seeker (2008/03/07 6:34 PM)
本当は冊子などの配布物がベストだと思いますが・・・

まず、ターゲット層を、現在JRAにのみ参加しているファン層に絞ります。結局の所、それが新規ファン獲得に一番現実的だと感じるからです。

そして、彼らが参加し易いように、(JRAと比較して)不明瞭と感じる部分を公開します。私の考える項目は以下の通りです。

・クラス分け・格付けについて詳細に説明する。

JRAとは明らかに違うクラス分け・格付け制度について、出来れば開催毎に出現する特異点(あるクラスの馬が多くなった=組が増えたなど)も含めて、詳細に説明します。
出来れば、番組編成者自身が説明するのがベストですが、公正の観点から問題があるなら、専門紙の記者でもよいと思います。
(例えば、あるクラスに偏りが出来たのを解消する為にこのレースを設定しました…などの、各レースに対する設定理由の説明を付ける)

JRAのような簡素なクラス分けでないからこそ、詳細に説明することによって、不明瞭な部分が解消し、参加意欲を刺激することが可能になると考えます。

・詳細な馬場状態・タイム一覧を掲載する

まず、馬場の詳細な状態を開催中毎日掲載する。(含水量をパーセンテージで発表する)。
更に、過去一年などのクラス別タイム一覧表を掲載する。
この二つだけで、例えば馬場状態に関して、現在大まかな発表しか行っていないJRAに対して、かなりのアドバンテージになると考えます。ダートしか行えない競馬場だからこそ、逆に、弱点をアドバンテージとする方法は存在すると思います。

・船橋に所属する、調教師別の所属馬一覧を掲載する(所属する馬などの勝ち負けに合わせて、随時更新)

まず、船橋競馬というものの全体像を把握して貰うことが大事だと思います。一体何人の調教師が存在し、何頭登録していて、その馬達は現在、どの位の賞金を稼ぎ、どのクラスに分布しているのか…こういう情報を掲載することで、より船橋に親しみが持てるのではないでしょうか。

失礼ながら、現在、例としてご提案されている内容は、現実的ではないと思います。
新規ファン獲得(特に女性ならなおさら)を期待するのも分かりますが、現実的に、新規・又はライトな競馬ファンが、船橋競馬を選択する可能性に賭けるよりも、現在、熱心にJRAに参加しているファン層に狙いを絞り、彼らに参加してもらう為に何が必要か?という視点で考えることが一番手っ取り早く、そして確実なのではないでしょうか。

地方と中央は、同じ競馬と言えど、JRAにしか参加していないファンの視点から見ると、幾つも相違点が存在します。その相違点…言い換えれば、違和感を解消することから、全ては始まると私は考えます。
まあ (2008/03/06 9:09 PM)
ホームページは二の次でいいと思います
また、今のような中途半端なページは逆効果であり、従来の形(浦和・川崎と同様)に戻し、南関全体での情報発信、ファン拡充を図るべきでしょう

独自のホームページを立てるのであれば大井並みのクオリティが必要です
しかし、そのような費用があれば、他のところに使うべきでしょう!
HYUNDAI (2008/03/05 9:49 PM)
申し訳ないですけど、今の船橋競馬のHPは素人が作るにしても10年前のレベルのものです。

フリー素材やフリーの雛型(ブログとかアンケートとかスケジュールとか)を利用し、少し改良するだけでも全然違います。

まずは、見やすいものを作る・画像をもっと使うなど工夫が必要。
そして、本当にファンが必要としている騎手の怪我とか落馬のときの情報をリアルタイムなどを充実させてほしい。細かいレース情報や結果なんかよりも、そういうメディアやnankanのHPで掲載されない情報が欲しい。
あとは中の飲食レストランの紹介とか(勿論画像いりで)行い、定期的に限定メニュー作って告知するとかもできる。

何よりも、見やすい・リアルタイム(迅速に)・ファンのために を心がけてほしい
spat (2008/03/04 9:57 AM)
ホームページに、JRAの「今日の出来事」の
ようなコーナーを設けて欲しいです。
馬や騎手に事故があった時に人馬の状態について
知らせたり、失格があった時の騎乗停止などの
情報を載せたりするコーナーです。

3日も1Rで坂井騎手や高橋騎手が落馬しましたが、
心配で、ネットでアチコチ見たのですが。どこにも
情報が出ていなくて、イラだってしまいました。

馬のことが心配な場合もありますし。
何であの騎手は乗っていないんだろう、怪我でもした
のだろうかと心配していたら、騎乗停止だったなんて
ことが何回もありました。

そのような情報をどんどんファンに提示することは、
とても大事なことだと思います。

船橋競馬はもちろん、南関、ひいては地方競馬の活性化
のために、会の活動、頑張ってください。
マスターウマナリ (2008/03/03 10:39 AM)
地方競馬の難点として情報不足があげられますが、レース前日に調教師の公式コメントをHP上で掲載することはできないのでしょうか、もちろん作戦的なことを発表してしまうのはまずいとは思いますが、馬装具の変更点・体調面・注目してほしいところなど。上記のような情報は他の公営競技や他のスポーツに比べ密室的に感じますので、先駆け的に実施してみてはどうでしょうか。

また、各ブログのリンク集などもほしいきはします。
れでぃけっと (2008/03/01 9:51 AM)
はじめまして。
私は現在アゲヒバリの応援をしています。
父クロフネ、母トゥザヴィクトリーで話題ですね。
ただなかなか情報が入らず、実際に彼女の姿を見たことがある人って限られてしまうと思います。
mixi内にコミュニティーがあるんですが、情報が入らないので苦労する書き込みを見かけます。
#去年12月5日に出走を知ったのはクイーン賞観戦で競馬場に到着後でした。
川島正行厩舎のサイトでたまに紹介されていますが、やはり船橋ケイバの公式サイトで有力馬の情報を取り上げて欲しいです。
あと、大井競馬のサイトのように重賞開催週にはその重賞の歴史やみどころ、有力馬レポートを取り上げてみてはどうでしょうか。
高橋華代子さんが参加されているようですから、それを活かさない手はないと思います。
ただ華代子さんはあちこちでブログを書かれているので逆に負担でしょうか・・・。
ぽち (2008/02/29 9:43 PM)
船橋競馬のHPはイマイチではないです・・・10年前のレベルです。費用は安くても必要な情報を盛り込めばいいのです。大井のようにフラッシュをあんなに使わなくてもできます!

1.その日のジョッキーコメントや1日の情報ブログ発信
 特に乗り替わりの理由。競走中止になった馬や騎手の情報が全くファンには伝わってこない。その情報はしっかり教えてほしい。

2.イベント情報がみにくい

3.デザインが悪い。これはセンスの問題ですが、醜いし、色づかいも悪いです

4.情報量が少ない
 重賞とか、ゴハンとか面白い情報がないから見ていて飽きるし、1回見たら次を見る気がおきない。

料金をかけなくても、内容を変えるだけで十分効果はでます。まずは、本当にファンが望んでる情報なのかどうかを精査してほしい。